さぽろぐ

  日記・一般  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2006年10月19日

自殺する 子供

2日ほど前、ニュースを見ていて、驚いたことがある。

福岡県筑前町であった、中学生(13)いじめ自殺問題に絡んだ資料をボードで見せていた。

その資料というのは、ここ10年くらいの小・中・高等学校の生徒の自殺者数を、年ごとに棒グラフにしたものだった。

毎年毎年、120~130人の自殺者数で推移しているのだ。

よく、毎年3万人が自殺によって亡くなっていると言われているが、イマイチ、ピンとこない。しかし、児童生徒が毎年100人を超える数で自殺しているというのに、非常に驚いた。それも、現在もほぼ横ばいの数字なのだ。

さらに驚いたのが、いじめを苦にして自殺したと報告された例が何年も前の、たった1件だけだというのだ。

では今回の福岡の事件は、校長がいじめを認めたことにより2件目の事例となるというのか。そんなバカな。

何百件もある自殺理由に、いじめが1件2件なんて、にわかに信じられない。児童が自ら命を絶ったというのに・・。

この調べは本当にマトモなものなのか?

この資料が見たくて文科省のサイトを捜していたら、あった。

公立小・中・高等学校の児童生徒の自殺者について(文科省)

詳細な原因別状況は、残念ながら14年15年度分のものしかないようだ。

家庭環境に問題の多くがあるのは、確かに否めないが学校問題の「教師のしっせき」「いじめ」の項がきれいに「0」になっている。この調子で、今までずーっと「0」だったということか。

自殺の原因の一部が仮にいじめだと発覚すると、担任教師、校長、地区の教育委員会などが糾弾の目に遭うだろう。彼らにも親兄弟、家族がいて大変だろうとも思う。思うが、保身から報告を上げないというシステムだとしたら、死んでいった年端のいかない児童たちに、一体どう説明し責任を取るのだ?

原因は原因として、追求する姿勢が、この資料からはまったく感じられない。
この無機質な数字は、一つ一つが児童たちの消えた命なのだ。

全部が全部、いじめが絡んでいるとは思わないが「0」ってことは、ないんじゃないか。

まぁ私の妄想かもしれないが、無性に腹が立ってきてしょうがない。

「厭世」ってなんだよ。ふざけるな。
酸いも甘いも、これからじゃ。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(ちょっと立腹)の記事画像
のん気に食ってたら ヤラレタ
同じカテゴリー(ちょっと立腹)の記事
 のん気に食ってたら ヤラレタ (2008-08-16 23:53)
 ネットはNG 電話はOK (2007-07-13 23:59)
 暑いので 怒りやすい日 (2006-07-15 00:12)
 塩梅が 悪い (2006-01-22 14:06)
 使えない 店員 (2005-12-06 00:26)
 むぅぅぅ やられてたよ (2005-01-31 00:32)

この記事へのコメント
そうですね。んー。んーー。んーーー。
いっぱい思う事あるんだけどちょっと考えがまとまらんくて
何回書いても上手く伝わるよに書かれへんかったっす。
言葉って難しい。
・・・こんな悲しい道を選ぶ子供達と大人達がこれ以上増えないで欲しいと思います。
Posted by tomozou at 2006年10月19日 02:22
私も高校時代に同級生が2,3人自殺しています.でも,いずれもいじめではなく,うつ等の精神系によるものでした.
Posted by Ritchie at 2006年10月19日 03:56
あの統計は、ヘンテコですね。
いじめの発生件数も、愛知県は年間2500件以上もあるのに、福岡県は、棒グラフの長さから推察するに、100件台です。

ほとんどの生徒が「いじめた」「いじめられた」「傍観者になった」経験があるのが実態ではないかなあと思います。
Posted by Jun Rajini at 2006年10月19日 06:55
この連鎖反応に新たな不安が持ち上がります。
「今なら注目してもらえる」のチャンス感です。

遺書を残しても学校関係者や教育委員会に隠蔽されてしまう・・
でも「今」なら・・
と言う気になりはしないか。

「いじめ」と言う名の集団リンチに悩んでいる生徒は少なく無い筈・・
そして加害者側は被害者の切迫感に気付いていない・・
報道する側にとっては格好のネタ・・

悪い方にだけころがって行かなければ良いのですが、
「オトナは汚い」と改めて子供たちに思われそうです。
Posted by tanyan at 2006年10月19日 06:56
案外、教師によるいじめってあると思います。
少なくとも、それがきっかけでクラス内のいじめにつながることが。

あたしが小5の時の担任は、あたしを嫌っていました。
何が原因かは当時理解できなかったのですけど。

ただ、吐きすてるように言われた言葉「おまえは、かわいげがない」でした。
どうも、あたしの言動が。無意識のうちに担任のプライドを傷つけていたのではないかと思われます。
少なくとも、担任には好かれたい思いでまとわり付いたり、甘えたり、または媚をうったりすることもあるでしょう。しかし、あたしは家庭環境から素直にそれが出来なかったんです。だから、振り向いてもらえるように大人びた言葉をかけたと思います。

それから、クラスメートの態度が変わったですね。
見下すような感じになったんですよ。
まるで負け犬みたいでした。
もし「キャン」とでも発しようものなら、いっせいに攻撃を受けかねない。

今も元気に生きていますから、こうして過去のこととしてしゃべれますが。
当時はつらかったです。
両親はもとより、兄弟にも言えなかったなぁ~。

子供たちに死ぬなよと言いたい。
途中で隠蔽されないように、直接相談できる機関を設けてはどうだろうかな。

すみません、ながくなりました・・・。
Posted by じゃらし at 2006年10月19日 07:46
教師の何気ない一言からいじめにつながる・・・よくある話だと思います。
言われる方にも原因があることも多いですが、やはり、先生は責められますよね。でも、この自殺の事象は教師側に明らかに責められる点があるでしょ。生徒をイチゴに例えてランク付けして、成績の悪い子には「出荷できない」と呼んでいたとか・・・冗談にしてもしゃれにならないと思います。
Posted by ベアー at 2006年10月19日 08:12
>私も高校時代に同級生が2,3人自殺しています

↑クラスで2,3人というのはびっくりです。連鎖反応を起こすのでしょうか。むか~し、友人のご主人が自殺なさった事があって、ショックでした。友人では今のところいませんね。

子どもが自殺をする社会なんて、どうにかしなければねぇ。ひとりひとりがココロの余裕を持って生活する努力しか回避することはできないでしょうか。周りの人のちょっとしたシグナルを見落とさないようにしなくては、と自殺のニュースを聞くたびに思います。私自身は欝からは程遠い人間のようです。夫や息子達は大変そうです。。。。
Posted by kuronekokotoshan at 2006年10月19日 09:05
少し話の方向性は違うかも知れませんが、不登校児童の統計についても、保健室登校がちゃんとした登校に数えられていると聞いたことがあります。

保健室登校って、不登校の前兆あるいは後遺症、または教室には行かれない、授業には出られないってことなんですから、別個に枠を設けるとかしないと、本当の問題解決には結びつかないと思ったものです。

どっちの調査も、どれくらいの子が問題を抱えているのか、その事実を把握するための調査でしょうに・・・。
事実を把握して、それに対応しないと、問題はますます大きくなるでしょうに。
なんのための調査だよ! って言いたくなりますね。

自殺は交通事故に次いで多い死亡原因といわれていますけれど(疾病や老衰はともかく)、そういう世の中だってことを、つい忘れてしまうことは、私もあります。
日本という国はそういう国なんだってことを、そういう社会を構成している一人なんだってことを、本当はかなり恥ずべきというか、意識しなければいけないことなのにな・・・と自戒します。

毎年、自分の子と同年代のお子さんたちが、100人以上も自ら命を断っているというのは、すごく大きな問題だって感じます。
その中に、イジメが原因だったものがどれだけあるのか分かりませんが、自殺には直接のきっかけと、遠因があるものだと思いますし、少なくとも自殺の遠因となっているイジメは相当数に上るのではないかと思います。

イジメって、明確な形になれば分かりやすいけれども(暴力とか暴言とか)、友人がいないというようなケースや、それに対してみんなが無関心であったりとか・・・そういうのは本人の責任と見なされて、イジメには分類されないですもんね。
本人が「みんなに無視をされている」と感じている場合だってあるでしょうし、実際に意図的に無視している場合だってあるだろうと思います。
でもそんなことは、数値的に「イジメ」に含めたりしないんだろうなって気がします。

誰だって、自分の保身は考えたりするでしょうし、糾弾されたくはないでしょうね。
もちろん、学校や教師に責任がないとは思いませんが、何かあった時に、すべてその学校や教師だけに責任を押し付けるかのような報道の仕方も問題なんじゃないかと思ったりします。
じゃあメディアには、何の責任もないのか・・・と言いたくなるような糾弾の仕方をしているところもありますもんね。
Posted by 吟遊詩人 at 2006年10月19日 09:58
あ、追記です

じゃらしさんと同じ経験を息子もしていました。
それで、不登校になりました。
本人にしてみると、つらくて・・・というより、ばかばかしくて・・・だったのかも知れませんけれど。
それでも、傷になっただろうと感じています。

先生は「自分は一生懸命指導しようとしただけだ」とか何とか言っていましたが、言い方がモロに見下すような言い方だったので、段々とクラスメートたちも「あいつのことはバカにしていいんだ」みたいな雰囲気になっていったように思います。
先生の態度って、生徒に伝染しちゃうと思うんですよね。

先生は意識していなかったかも知れないけれど、その無意識が怖いと思いました。
滅多に人前では泣かない私ですが、泣きながら先生に抗議したことが、苦い思いと共に蘇ります・・・。
Posted by 吟遊詩人 at 2006年10月19日 10:05
これだけいじめによる自殺が報道されているのに
いじめによる自殺が0というのは、どう考えてもおかしい。
統計上0にすれば、あとは知らないってことなのかしら?
こういった風潮がなくならない限り、残念だけど、いじめによる自殺は
減ることはないでしょうね。
Posted by Kanko at 2006年10月19日 18:20
文科省ー教育委員会ー日教組、この3つが悪い。
ただそれだけ。
Posted by らっぱくん at 2006年10月19日 20:19
●トモピ
うんうん、いろいろ言いたいこと伝えたいことあると思うよ。
短い人生を自分で終わらせちゃうなんて、悲しいことだよ。


●Ritchieさん
Ritchieさんのお話、他の方のところで読みました。
事故や病気で亡くなったとしても衝撃があるというのに、多感期に
友人知人を自殺で失うなんて・・・言葉もありません。


●Jun Rajiniさん
我が愛知県は最高のいじめ発生数でしたね、桁違いに多いです。
というか、他県の報告が少なすぎます。これは一体どういうことか。
同じ日本で統計を取って、こんなに愛知だけ桁違いに突出している
なんてこと、あるだろうか? 他県は、そんなにすばらしいのか。
おかしい、と思った点は、そういうとこにもあります。


●tanyanさん
tanyanさんが言われるようなことは、私も大いに懸念します。
マスコミが騒げば騒ぐほど、連鎖は起こりそうな気がします。
報道を見ると学校側にあきらかに「悪」を意識して偏向報道して
いるように見えます。
私は福岡の事件は、先生は良くないとは思いますが、もっと検証の
材料を揃えるべきだと思います。揚げ足取りのような報道独自の
野次馬記事はいらないです。


●じゃらしさん
辛かった体験談、ありがとうございます。
こういう事件があると、「なぜ親に言わないの」とか「先生に言わないの」
とか言いがちですが、自分がいじめられていることを、誰にも(特に
親族には)言わないことって、私には想像がつきます。
本人が優しい子ならばなおさら、両親に心配を掛けさせまいとして
黙っていることが多いんじゃないかな。
でも、だんだんいっぱいいっぱいになってきて、命を絶つまで
いっちゃうのかな と思います。
大人たちは忙しい日常ですが、やはり近くの子供を「見る目」は、
とても重要だと思います。親には言いにくくても、相談できる大人が
近くにいるかいないかで、救える命もあったんじゃないかと思うと
やりきれない気持ちです。


●ベアーさん
イチゴの例えは、ニュースで言っていましたね。
私はこの手の話は、生徒と先生の信頼関係で良くも悪くもなる話だと
思います。クラスが談笑しているときに言っても、説教として言っても
「言った」は言ったですからね。今と時代は違うかもしれませんが
私のときは、この程度の話は冗談っぽく受け止めることが多かったです。
ただ、先生の言葉に機敏に反応する生徒がいるかも、という考慮は
必要だと思いますが。
私は思うんですが、学校というのは将来社会に出るための演習みたいな
側面もあると思うんです。教育委員会やPTAに萎縮して生徒に遠慮する
ような先生の対応で、実社会に出たときに「社会人」として果たして
ものになるのか、という疑問があります。耐候性を養うべきというか。
今の学校のありかたは、他でもない生徒自身の将来に影を落とすような
気がします。(かといって言葉の暴力を容認しているわけではないのですが)


●ことしゃんねぇさん
自殺といっても、人生をそこそこやってきた者と10歳そこそこの子供の
自殺とでは、私は同じように考えることはできません。
中高年の自殺については、かわいそうではないとは言いませんが、きっと
どうにもならない事情があるのだろうと思えることもあります。
人生をやってきた大人の判断だからです。高齢者の自殺など、尊厳を
感じることだってあります。
それと比べ、子供の自殺は、ただただ痛ましいだけです。
そして大人の力でどうにか出来そうな気がします。(具体的なことは
言えませんが)学校なんて命をかけて行くものでもないでしょう?
何らかの手はありそうな気がします。
この資料を見て一番腹が立ったのは、まるで「このくらいの人数の
自殺者はしょうがない」みたいな事務的な統計にとどまっているように
思えることでした。厭世という理由も解せません。どうしてそういう風に
なったのか が重要なことではないの!って感じです。


●お吟ちゃん
お吟ちゃんの話を読んで、先生も人の子だな と思ったことを
思い出したよ。先生っていっても千差万別だからね。評判がいい
先生が自分にとっていい先生だとは限らないし。
昔、小さな相談事を持ちかけに行った先生に、ぞんざいな扱いを
受けて、すごいショックだったことがあった。いい先生って評判
だったのに・・。普通、そのショックを引きずるのかもしれないけど、
自分だけ先生の裏の顔をみたような気がして、冷めた感じに見てた。
先生と生徒の関係は、単純な一般論では当てはまらないと思う。
それぞれによってケースが違うと思うし。
報道が一括りに糾弾っぽくやってるのを見ると、結局事態は
どんどん悪い方向に行くように感じる。なんかね、その場凌ぎ
なんだと思うよ。一つ一つの上っ面だけほじくったって、根本は
よくならいと思うよ。
でも、やっぱり問題の先生っていうのは、いるんだろうね。


●kanちゃん
統計上「0」にしたいんだろうね、きっと。この資料は誰でも見ることが
出来るから。例えば学力調査とかの資料なら、適当でもどうでもいいんだよ。
でも、これは命の資料だからね。自分の命を絶った生徒児童の死んだ理由を
こんな資料で図れると思う? おかしいよ。
意味のわからない、理由のはっきりしない死を遂げた児童の親たちがこれを
見たらなんと思うのかな。

●らっぱくん
文科省のお役人たち、淡々としてましたね。(私にはそう見えた)
この表を見ると昔はもっと多かったのかもしれないけど、横ばいは
よくないと思いますね。たまに児童自殺のニュースがあるけど
こんなに多いとは知りませんでした。
Posted by manbow at 2006年10月19日 20:33
少しだけ・・・・。追記。

あたしの体験はこれだけではありません・・・。
だから、自分の身は自分で守る。そうしなくてならないと自覚しました。
防御より攻撃!
そちらに変換した日を自覚しています。

自分が強くならなければ、生きていけません。

これからだってそうだと思います。


少なくとも・・・・。
娘にはそう洗脳してきましたケド。

どう、影響があったかは。まだわかりません・・・・・。
Posted by じゃらし at 2006年10月19日 22:23
みんなのコメント読んでから書こうって思ってたら
またまた出遅れちゃった。

子供にとって学校は自分の世界の全てで
そこから逃れられないと思っているから
つらかったら転校もあるんだ、
何も死ぬことはないって教えてあげたいです。
職場の人間関係を苦に自殺する大人も
だったら転職しなよ、会社やめなよ
って思います。
世の中死にたくないのに病気で死んでいく人が一杯いるのに
健康に生まれてきて自ら命を絶つなんてもったいないことです。

あと、子供の親はいじめられるんじゃないか、
って心配するよりもいじめてるんじゃないかって心配することが大事。
全ての子供の親がそう考えるといじめはなくなるって
何かで読んだことがあります。
うちもいじめられるよりはいじめるタイプみたいなので
しょっちゅうチェックを入れています。

う~ん、この問題って短くコメントできないわー
Posted by あっちゃん。 at 2006年10月19日 23:12
●じゃらしさん
早い時期に決起したんですね。
私も少しは覚えがありますが、なかなか勇気がでませんでしたね。
今思うと、なんでだろうと自分のことながら思うんですがねぇ。
子供心に、誰かの救いを待っていたのかもしれません。


●あっちゃん
大人はともかく、子供の場合はあっちゃんのいうように考えて
しまいがちかもしれないね。死ぬことよりも、ぜんぜんいいのに。
そういうアドバイスは、やっぱり大人が気づいてあげないと と
思うけど、難しいことかもしんないな。
意見の合わない、気にくわないがグループ同士なら、それぞれが
避けて行動するようになるけど、グループ対個人って構図になると
よくないね。いじめは昔からあるけど、子供の自制心がどんどん
利かないようになってそうで、怖いと思うけど、どうなんだろうな。
Posted by manbow at 2006年10月19日 23:43
中学の時、いじめられた事を担任に言ったら「いじめられる方も悪いところがある」って言いました。
言われたので暴れました、親に言ったら親が怒鳴り込みました。
親が救いだった気がします。

自分の時代と今の時代、この業界(あえて例えるけど)の体質は全然変わっていないんですよねぇ
人を教育する場だからこそ、クリーンでオープンであるべきなのに。
Posted by きょろ at 2006年10月20日 00:33
●きょろちゃん
私は単発のいざこざが多かったので、いじめというよりケンカに
近いものだったかもしんないな。担任にも親にも言ったことはないけど
最後はぶち切れて・・・みたいな感じが多かったかも。
でも多勢だと、ちょっと参るかもしんないな。
小学生の自殺もあるなんて、もうちょっと真摯に考えた方がいいと思うな。
「死んでやるー」なんて言ったこともあるけど、それは本当は死ぬ気はない
ことが限定の話で、実行しちゃったら洒落になんないよ。
リセットボタンじゃないんだからねえ。
某掲示板では犯人捜しが始まってるよ。ああいうのが抑止になるように
なっちゃったら、どうすんだよって思うよ。
Posted by manbow at 2006年10月20日 00:44
タイミングいいのか悪いのか…

今日のニュースで、警察庁の自殺統計の原因項目に「いじめ」や「職場の人間関係」などが追加になったそうだ。
何を今頃、とは思う。大人の自殺の半数は鬱病が直接の原因という推計もあるのにね。この病気、調べてみたら大半の遠因は人間関係ですよ。
この話題になったから白状するけど、つい2ヶ月前まで、薬を3日飲み忘れると「希死念慮」が出る状態だったんですよ。

子供達の自殺も、気付く人間がいれば医学的に防止する方法(=抗欝薬や抗不安薬の投与)もあるのにね。「いじめ」はそれじゃなくならないけど、セクハラと同じで受ける側の強さでどうにかなる事も多いように思う。(今度の件はそうは思わない。これはパワハラです。教師にパワーハラスメントの概念は無いんだろうか?)

うちの子達にも(こんな親だから)いじめを受ける可能性は高いだけに、必要な心構えは伝授したつもり。トボけること、開き直ること、最後まで親はあてになるし、転校したければさせてやるし、学校なんてやめたっていいこと…。自分で努力しなきゃならないのは友達を作ることと勉強することだけだとさえ言ったことがある。裏じゃ市の教委に顔がきく立場になるべく、転職の合間の失業期間を利用して、市のP連の分科会委員長を引き受けたりもした。
結局、特殊な(=変わった)人間になって浮く方がいじめられないし、生来のキャラからすると楽だった、という特殊例なんですけどね…。
Posted by 壇那院 at 2006年10月20日 01:29
●壇那院さん
子供を学校に通わせる親なら、こういう事件は親身になって考えるものでしょうか。私は身近にそういう者がいないので、つい一般的な考えになりがちです。
私は、とにかく学校を意味無く休むことは悪だと、自ら思っていて事実病欠以外は休んだことは滅多にありません。学校というものに自分でウェイトを置いていたんです。
最近の悲しい事例を見ると、そこまでして行く必要はないのだと思えるようになりました。命あっての物種なんですから。
ニートの問題も大きく言われていますが、親にとっては生きているだけまだいい という思いでしょうか。誰だって自分の子供が小学生や中学生で自殺するなんて思いもよらなかったでしょう。
飢えや貧困で亡くなる子がいる国もあるというのに、一体どういうのんきな統計かと思いました。
先生に対する資質を更新免状というカタチでやるそうですが、ますます先生には余裕がなくなるんじゃないのかな。そうすることで、結局、子供たちに とばっちりがいくんじゃないかと、それを危惧します。
Posted by manbow at 2006年10月20日 02:10
実はテーマが重いのであえてコメントは避けたかったのですが
ちょっと酔った勢いでコメントします(酔ってはいますけど大真面目です)。
私も学生時代はイジメられっこだったので他人事とは思えないんですよ。
ただ私の世代のイジメは今ほど陰湿じゃなかったのが救いですが。
いち社会人として平凡に生活している今、あらためて思い返すと
ちゃんと自己主張できずにウジウジしていた自分自身にも問題があって
それがイジメられる要因であったことは否定できません。
ただ、私の場合はまわりの環境にある程度恵まれていたのか
そのイジメられた経験が後々バネになって今は結構負けず嫌いになってますね。
子供時代のイジメの体験をなんとか乗り越えられたのは
多分まわりの叱咤激励などのフォローがあったおかげだと思います。
最近、不幸にして自殺に追い込まれる子供たちは
きっとフォローしてくれる仲間(同級生とか親兄弟、先生など)に恵まれなかったのかなって感じます。
今の大人の無責任、無関心ぶりも大きな問題じゃないかと思います。
Posted by Hide at 2006年10月21日 00:48
●hideちゃん
なんかこのエントリーで過去のこと思い出してカキコしてくれた人が
何人かいて、そんなつもりじゃなかったんだけど、ありがとね。
本当はこの世からいじめがなくなるといいんだけど、それはない
だろうね。社会に出てからも、そういうことはあるし。
ただ大人になれば、視野も広いんで対策もいろいろ講じることが
出来ると思うけど、子供社会はそういう意味では閉鎖的かも。
個人の耐性によっては、今回のような結果になってしまうのかも
しれないな。
Posted by manbow at 2006年10月21日 20:57
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
自殺する 子供
    コメント(21)